最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京マラソン後の足のダメージ | トップページ | 我が家の東京マラソン(その2) »

我が家の東京マラソン(その1)

少しだけ元気になってきたので頑張って当日の事をまとめようと思います。

朝は5時に起床。6時10分の電車に乗り新宿へ向かいました。

同じ電車に乗った方で、見るからに東京マラソンに出場すると見受けられた方が我々の他に5~6名。

意外といるものだなあと思いながら新宿着は6時39分です。

新宿駅は思ったほどではないにせよランナーが目立ちます。

それでも駅構内の男子トイレは既に10名ほどの行列です。

意外なことに女性のトイレは空いていて並びもなかったそうです。これは珍しいことですね。

そして西口地下通路を歩いて都庁へ!

都庁へ着いたのは6時50分、受付開始10分前。予定通りです。

受付周辺にはランナー&付き添いで溢れているかと思いきや、意外と少ない。

ゼッケン交換の当日受付が無いってことで参加者の出足は割と遅かったようですね。

少しだけ7時をまわってから受付開始。ゼッケンのチェックと手荷物検査です。

あっさり選手待機所(特に何があるわけでもないですが)に入場した後は、いきなり手持ち無沙汰になってしまいました。

することが無い...

ジャージを脱ぐだけでレース用の服装になるようにして来ていたので更衣室に行く必要も無い。

写真撮影をしていたのでとりあえず撮って貰いました(オールスポーツコミュニティさんありがとう)。後ですごい行列になっていましたね。

やっぱりすることが無いので行っておこうとトイレへ。意外と混んでいない(結局トイレには2回行きました)。

何だかんだで時間は過ぎ、召集20分ほど前に手荷物預けの後にスタート地点へ。

いつのまにかに大混雑です!

手荷物預かりは混んでいなかったですが、トイレへの列と召集場所へ向かう人がごっちゃになっていてなかなか前に進みません。

ようやく我らの召集場所(Hブロック)へ着くと係員の方に、

「Dはもっと前だよ。」(私がDでした)

と追い出されそうになりますが「一緒に走るので」と言って、何とかHに留まれました。

その後は9時10分のスタート時間まで40分以上、寒風の中を震えながら待ち・待ち・待ち。

そしてスタート。ちょっと早い9時8か9分位でスタートしたのではないでしょうか?

当然、我々一般ランナーは全く動きません。大きなモニターで招待選手が走っている姿をボケーっと見ていると少しずつ前に進み始めました。

スタート地点を越えるか越えないか位でダウンタウンの浜ちゃん発見!

思わず携帯で撮っちゃいました。今日1人目の有名人です。

スタートラインを過ぎた後も渋滞が続くと思いきや、意外と走りやすい。

初めは下り坂が続くので、ここで飛ばしては後にくるだろうなとかなり自重して最初の1kmを通過。

「7分7秒」

ちょっと自重し過ぎたか?尚、今日のペースはキロ6分30秒予定でした。奥さんがそのタイムでも良いと言うので、ふ~んと思いながらのペースメイクです(私はキロ7分のペースで良いかと考えていました。結果的にそれでも読みが甘かったのですが)。

次の1kmは6分30秒。以降10kmまでほぼそのペースで。

走りながらすぐに思いましたが、あの観衆の多さはやはりすごいですね。

前情報で、観衆の多さに舞い上がってオーバーペースで入ってしまいがちであるってことを知りながらも、身体が前に行きたがり、抑えるのに苦労しました。

だいたいキロ6分30秒というペースは練習でも走ったことが無いのだから当たり前です(私はLSD苦手です)。

10km通過は1時間6分53秒。

ここらへんから、私の不安様子の一つである腸腱靭帯が痛み始めたのでした。。。(その2へ続く)

↓いつも応援ありがとうございます!
Banner_br_sakura
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

|
|

« 東京マラソン後の足のダメージ | トップページ | 我が家の東京マラソン(その2) »

RUN」カテゴリの記事

コメント

自分はもっと早く都庁に到着して雰囲気を味わってました。
その時はランナーもほとんど居なくてスタッフがミーティングしている程度。

バハナエイド横の公園で意味もなくストレッチしてランナー気分に浸り、
続々と集まるランナー達を羨望の眼差しで見詰めてました。

やっぱり走らないと!!

来年は競争率の低い10キロに申し込んで是非出てみたいな!と。

投稿: 通りすがり | 2009年3月25日 (水) 08時04分

通りすがりさん)
もしかして6時頃には会場へ居られたのでしょうか?
早起きして、そして夜遅くも地元で走ってと疲労困憊になったのでは。
体力が無い私にはとても真似出来ませんcoldsweats02
来年分は更に激戦となるでしょうね。
定員増やさないかなあ。
でも少しくらい増やしても、やらないよりはまし程度となるのでしょうね。

投稿: ぽむん | 2009年3月25日 (水) 13時37分

やはり、スタート地点に集合する時からレースが始まっていると言っても過言ではないですよね~本当に大きな反省点でした。
私がランナーズエリアに入る時は、もう人人人でもみくしゃにされながらゼッケンのチェックも荷物も見てるんだか見てないんだか状態でしたんでΣ(・ε・;)
そうそう、浜ちゃん見れなかったんですよ~
丁度背を向けられていたみたいで(笑)
でも、スタート台で手を握って応えてくれている大会の発起人であり最大の貢献者である石原都知事に向かって、大声で『石原さ~ん!本当にありがと~!!』と、思わず叫んじゃいました(爆)

投稿: 寝太郎 | 2009年3月26日 (木) 20時14分

寝太郎さん)
これまでの大会で、散々スタート前に失敗していたので東京マラソンだけは失敗しないぞ!と始発のバスに乗って駅に向かいました。
浜ちゃんはしっかり携帯で写真を撮っちゃいました。
走りながらでも奇跡的にぶれずに撮れました。横顔ですがwinkその隣にはウッチーの後姿が...
ゴールの時にはちょうど石原知事があまりの風雨を避けて車に入ろうとしていましたねtyphoon

投稿: ぽむん | 2009年3月26日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222260/44455283

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の東京マラソン(その1):

« 東京マラソン後の足のダメージ | トップページ | 我が家の東京マラソン(その2) »