最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 我が家の東京マラソン(その1) | トップページ | 我が家の東京マラソン(その3) »

我が家の東京マラソン(その2)

本日仕事はお疲れ休みです(ただの有休)。

お昼頃から雨となりました。東京マラソンを思い出させる雨です。


【10km通過1時間6分53秒】

10kmあたりから左の腸腱靭帯に違和感を感じ始めました。

先週の20km走の時は何ともなかったのに。なぜ今??

頭の中ではジタバタとしていましたが、淡々と走り15km地点通過。


【15km通過1時間40分52秒】

腸腱靭帯は違和感から痛みへと。これはまずいなと思い、給水所で奥さんを呼び止めてストレッチ。

タイムロスになりますが、後のことを考えたら早めにケアをした方が良いですから。

1分ほどストレッチをしてから再スタート。すると。

「痛い!!?」

ストレッチをしたことにより、なぜか腸腱靭帯の痛みは更に倍増し!

これはたまらん!こんな痛みで残り27kmなんて絶対無理だ!

と思うも言葉には出さず、我慢してしばらく走ると少しずつ痛みにも慣れてくる。でも自然とペースはダウン。

【20km通過2時間17分33秒】

15-20k間はキロ7分台まで落ちました。

私のペースが落ちるにつれて奥さんのペースもダウンです。

この頃から奥さんは弱音を言い出すようになってきました。本当は私が言いたかったのですが、そこはひたすらやせ我慢。

分かっていたことながら、2人共に完全に練習不足でした。

私はハーフ以上を走るのは1月の勝田以来。奥さんは更に遡って11月のつくば以来です。

そして2人共に3月に入ってから継続的に走ることをしていないのです。

ここらへんで水道橋博士さんを頻繁に見かけるようになりました。抜いたり抜かされたりはゴール付近まで続きました。

【25km通過2時間56分56秒】

20-25kは更にペースダウンです。この間5kmは39分23秒。

早くもヨロヨロ~キロ8分に近いもの。周囲のランナーは歩き始める人がかなり多くなってきました。

「あと、17kmしかないよ!」と奥さんを励ますも、心の中ではかなりうんざり。

このあたりからついに雨が降り出してきました。沿道の人々は傘を開き、合羽を着始めます。

もちろん我々は傘を差すわけにもゆかず(合羽を着始める人はいました。準備良いなあ)、それまで脱いでいたキャップをかぶる位です。

雨が降り出したのは個人的には嬉しかったです。それは、花粉が舞わなくなるから。しかしそれは甘かった。

結局レースを通じて最初から最後まで花粉には苦しめられました。

一応、鼻炎薬は飲んでいたものの目がダメ。特に左目は終始涙目状態。いつコンタクトが外れてもおかしく無い状態でした。こんな状態で良い走りが出来るはずもありません(今回はそういう事以前の身体の状態だったのですが)。

27km地点くらいの浅草寺で立ち止まっての記念写真撮影。ここで太腿が攣り掛けて焦る。。。

この頃は殆どやけになっていましたね。普通の大会では写真撮影なんてしないですから。でもお祭りだからまあいいかと。

【30km通過3時間41分03秒】

その3へ続く...

↓いつも応援ありがとうございます!
Banner_br_sakura
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


|
|

« 我が家の東京マラソン(その1) | トップページ | 我が家の東京マラソン(その3) »

RUN」カテゴリの記事

コメント

調整なしでの参加に加えて花粉症とは。

辛いでしょうね。

自分も18年間、花粉症でしたが去年、今年で治ってしまいました。

鼻水、涙、くしゃみが止まりイイ感じです。
それまでとの違いはランニングするようになったのと、ブロッコリーとヨーグルトLG21を多く摂るようにした事ぐらい。

ネットで調べると色々な民間療法があるんで無害なら何でも試してみる価値アリです。

続編待ってます。

投稿: 通りすがり | 2009年3月25日 (水) 21時25分

通りすがりさん)
花粉症脱出ですか!
うらやましいですねhappy02
私は花粉症と言っても鼻の方はそれほどでもありません。
市販の鼻炎薬で充分に対応出来ますが、目の方がダメです。
つい先ほども花粉対策目薬を見に行きましたが、裸眼用は結構な数が出ていましたがコンタクト用は皆無でした。
無いよりましだろうと思い、普通のドライアイ用の目薬を買って来ました。
あと少しで杉花粉の季節は終わります。あと少しの我慢です。

続きは明日予定になります。
でも明日の夜は上司の送別会が急遽入りました。
酔っ払っての帰宅となるのでどうなるかな。


投稿: ぽむん | 2009年3月25日 (水) 21時42分

ランナーズニーこわいです。
辛さが伝わってきて、他人事とは思えません。

投稿: iyansk | 2009年3月25日 (水) 22時40分

iyanskさん)
いわゆるランナーズニーは、これと言った特効的な治療法が無いのが痛いです。
地道なストレッチ・筋力強化位しか無いのですよね~
私もネットで色々探したのですが...

投稿: ぽむん | 2009年3月27日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222260/44462486

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の東京マラソン(その2):

« 我が家の東京マラソン(その1) | トップページ | 我が家の東京マラソン(その3) »